アクセスカウンタ

2011年03月27日

霧積温泉 きりづみ館・金湯館

霧積温泉は明治時代、温泉地として賑わい、与謝野晶子、幸田露伴、小山内薫、西条八十などの文人が多く訪れました。
しかし、山津波によって大きな被害を受け、現在では「きりづみ館」と「金湯館」しか残っていません。

きりづみ館は、昭和46年創業。
作家・森村誠一など多くの文人が訪れています。
硫酸カルシウム塩泉は泉質が柔らかく、美肌にも効果があるので女性にオススメ。

霧積温泉 きりづみ館
住所:群馬県安中市松井田町坂本1688
電話:027-395-3856
料金:10,000円~
日帰り入浴:大人700円(昼食付き3,000円)
部屋数:15室(全和室)
風呂:内湯2
泉質:カルシウム硫酸塩泉、源泉かけ流し、源泉約40度、湧出量300L/分
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、切り傷、火傷、疲労回復
交通アクセス:松井田妙義インターより国道18号線で軽井沢方面から碓氷峠旧道へ車で約15分。
霧積温泉入口から約30分。


金湯館は、明治17年に創業。
伊藤博文などが訪れて明治憲法を草案したことで有名な宿です。
ミョウバン重炭酸土類を豊富に含んでいるため様々な効能があり、昔は難病を治療するために訪れる湯治客が後を絶えなかったこともあります。

霧積温泉 金湯館
住所:群馬県安中市松井田町坂本1928
電話:027-395-3851
料金:新館・11,000円、旧館9,500円
日帰り入浴:600円(休憩2,000円)
部屋数:20室(全和室)
風呂:内湯・男女別各1
泉質以下はきりづみ館と同じ。



同じカテゴリー(秘湯)の記事
 桜川温泉 ふじやまの湯 (2011-05-10 12:58)
 湯の平温泉 松泉閣 (2011-04-22 20:01)
 湯の小屋温泉 葉留日野山荘 (2011-02-15 14:54)
 川原湯温泉 高田屋 (2011-02-06 19:29)
 武尊温泉 萱の家 (2011-02-04 22:55)

Posted by ゆうゆう at 12:18 │秘湯

削除
霧積温泉 きりづみ館・金湯館